« 床暖房対応フローリング商品一覧へ

床暖房の特長

  • 室内で燃焼しないので、一酸化炭素が発生せず、空気を汚さないクリーンな暖房。
  • 床の熱によりダニの発生やカビなどを抑え、アトピーにもなりにくい。
  • 輻射放熱式なので、部屋の温度が床から天井までほぼ均一な理想的暖房設備。
温度分布の比較
床暖房温度分布の比較

床暖房対応フローリングの特長

  • 含水率を約7%(通常は12%)に仕上げ、熱による収縮・ソリを抑制。
  • 床板はムクフローリングなので合板基材の床暖房と違い、ホルマリンなどの有害物質を一切含まず健康的。
  • 床暖房対応フローリングは、スロープ加工(特殊加工)により板の収縮時に、すき間やゴミが目立たず、釘も見えない。
  • 電気式熱源、温水式熱源のどちらにも使用できます。
床暖房対応フローリングと通常のフローリングの違い

床暖房対応フローリング施工手順


@発熱フィルムを敷き詰める A配線工事をする Bコントローラーと熱源を接続する
@発熱フィルムを敷き詰める A配線工事をする Bコントローラーと熱源を接続
 する
Cフローリングを施工する D床暖房システムの完成
Cフローリングを施工する D床暖房システムの完成


施工断面図

施工断面図
※合板の捨て貼りを必ずして下さい。
 捨て貼りは踏み鳴り防止と防湿・断熱の効果があります。



« 床暖房対応フローリング商品一覧へ


日東の製品は、全てノンホルマリン対応・抗菌処理がされています。