« ウッディカーペット商品一覧へ


ごあいさつ


今、大気中の二酸化炭素濃度の上昇による、地球の温暖化が大きな問題になっておりますが、私たちがこれまできれいな空気や水を享受出来たのは森のおかげなのです。
しかし今、世界の森林面積は、日々、刻々と減少しています。しかし、その一方でわが国の森林資源は年々増え続けているのです。それは、わが国が森を大切にし、木の文化を築いて来たからです。
化石燃料は、採掘すればいずれ無くなってしまう資源であるのに比べ、木は「切っては植え、切っては植え」と繰り返す事が出来、枯渇することのない資源です。このように、植林の歴史が昔からあるのは世界でも日本と中欧ぐらいと言われています。これからもこの大事な資源を守るために、森を育て、木材をつくり出してくれる林業を活発にする事が必要なのです。 そのためには、もっと日本で育った木を使うことが大事なのです。特に、木は20年生から30年生の成長が一番著しい時にCO2(二酸化炭素)をどんどん吸収し、蓄えてくれます。そのために、人工林においては適切な時期に間伐を行い、間伐材を利用することがとても大切になってくるのです。
もし、間伐をしなければ陽がささなくなり、痩せたひょろ長い木が多くなって、森林の保水能力もなく、暗く荒れた森林となり、土砂災害が発生し二酸化炭素も吸収されず、ますます地球温暖化が進んでしまうでしょう。
地球温暖化を防ぐためにも、ぜひ、この国産ヒノキの間伐材を有効利用した「ウッディカーペット」を使用して頂き、温暖化防止に参加して頂ければ幸いです。

木材がCO2を吸収固定する!


木材がCO2を吸収固定する! 樹木は、大気中の二酸化炭素を吸収・固定して地球温暖化を防いでいます。
つまり、大気中から吸収した二酸化炭素と根から吸い上げた水を原料として、太陽エネルギーと葉緑素の働き(光合成)で糖をつくり、酸素を放出します。樹木は、二酸化炭素を原料にして成長していきます。木材の重量の半分が炭素と言えます。若い樹木は成長が早いので年間の炭素固定量は年ごとに増加していきます。しかし、老齢木になると成長が止まり、炭素固定量はゼロに近くなります。 人工林では、年間の炭素固定量が大きくなり、成長が止まる頃、森林を伐採して木材として利用し、その跡地には植林をするので、森林全体はいつも若々しく成長し、炭素固定量を高いレベルで保つことができます。

二酸化炭素を吸収する木材の本数

二酸化炭素を吸収する木材の本数  二酸化炭素を吸収する木材の本数  二酸化炭素を吸収する木材の本数



木造の家は「もうひとつの森」


樹木にはたくさんの炭素が蓄えられており、それらの木を製材し、住宅の部材として使用されても木材の炭素は貯えられたままです。いわば木材は「炭素の缶詰」といえます。
たとえば延床面積136m2の木造住宅では、木材を約24m2使用しているので蓄えている炭素量は6トンにもなります。一方、鉄筋コンクリート住宅(RC造のマンション)や鉄骨プレハブ住宅では、木材使用量が少なくなるので蓄えている炭素量は約1.5トンで木造住宅の約1/4です。
我が国の全住宅に使われている木材の蓄えている炭素の総量は約1.41億トンでそのうち木造住宅が1.29億トンを占めています。これは、日本のすべての森林が蓄えている炭素総量の約18パーセントに相当すると試算されています。
つまり、街の中に「もうひとつの森」があるということです。

一戸あたりの炭素貯蔵量
木 造 住 宅 鉄骨プレハブ住宅 鉄筋コンクリート住宅




木造住宅 6t 鉄骨プレハブ住宅 1.5t 鉄筋コンクリート住宅 1.6t


間伐材かんばつざいは「地球」を救う!?


森林が大気中の二酸化炭素を吸収するためには、樹木が若々しく元気に成長しなければなりません。そのためには、太陽の光が樹木の葉に十分届くようにする必要があります。樹木が密集し過ぎると光合成が十分に行われず樹木も大きく成長することが出来ません。そこで混み過ぎた樹木を伐採し、まばらにする必要があります。このように樹木の成長を助けるために伐採されたものを「間伐材」と言います。間伐された森林は、元気に大気中の二酸化炭素を吸収して大きく育っていきます。
そして、その伐採された「間伐林」を利用して製品化したものが「ウッディカーペット」であり、この「ウッディカーペット」間伐すること)が地球を救ってくれるのです。

間伐材は「地球」を救う!?
太陽の光が隅々まで届かず成長が遅くなり、CO2を吸収しなくなります。 太陽の光が隅々まで届き成長が早くなり、CO2をどんどん吸収してくれます。


製品の特長


既存の床にそのまんま貼れる!!
スプレーのり(接着剤)で床を剥がすことなく、日曜大工感覚で古い床に直接カンタンに貼れます。特にマンションでは床を剥がすなどの騒音がしないので、リフォームがしやすく、手間も省けます。

床の変形や不陸にも追従!
XY方向に折れ曲がるので(特許)、古い床の多少の不陸や傾斜にも追従して貼れます。

取り外し・部分交換も簡単!
コンピュータ室などの配線替えで取り外す場合やタイルカーペット等の部分的な貼り替えもピールアップボンド(将来剥がせるボンド)を使用すれば簡単に剥がすことが出来ます。

腰壁やデザイン壁にも最適!
床のみでなく、腰壁にもまた壁のアクセントとしても応用できます。また、巾木や額縁などの造作材も用意してあります。

製品の特徴


国産ヒノキの間伐材使用で温暖化防止!
「ウッディカーペット」は20年生前後のヒノキの間伐材を有効利用しており地球温暖化防止に貢献します。

国産ヒノキの間伐材使用で温暖化防止!

ダニの発生を抑制し室内を調湿!
ヒノキの抗菌作用により飲み物などをこぼした時でも繊維系カーペットに比べ、ほとんどダニが発生しません。また、木材の調湿力で室内の湿度を一定に保ち、室内環境を向上させます。

ダニの発生を抑制し室内を調湿!

掃除が簡単、いつも清潔!
繊維系カーペットでは、ほこりが舞い上がりやすく、ぜんそくの人にはもちろん、その他、コンピュータなどの電子機器にも悪影響を及ぼします。
また、飲み物等をこぼした時、繊維系カーペットではなかなか拭き取れませんが「ウッディカーペット」では簡単に拭き取ることが出来、掃除や消毒などの管理費がほとんどかからず経費削減になります。

木のある暮らしはストレスを減らし、健康的!
木に含まれる成分には、私たちを落ち着かせる効果があると言われています。森林浴の主成分と言われているフィトンチッドを使った実験でも、血圧が下がり脈拍も落ち着く実験効果が出ています。このように木のある空間で暮らせばストレスもたまらずリラックスした健康的な生活を送ることが出来ます。

木のある暮らしはストレスを減らし、健康的!

▲ このページの先頭へ




日東の製品は、全てノンホルマリン対応です。

ご注意
  • 着色製品については素材がムク材(天然木)ですので多少の色ムラがあります。
  • 価格は予告なしに変更される場合がありますので御了承下さい。
  • お客様の都合による返品につきましては商品価格の70%とさせて頂きます。また、地域および商品によっては別途運賃もご負担願います。
  • 表示価格には消費税は含まれておりません。