住まいと健康

これからは健康がテーマです。

"天然素材でこどもやお年寄りが安心して暮らせる健康住宅を"

最近、社会生活においても、普段の生活においても「健康」がキーワードとなり、健康についての関心が高まりつつあります。 以前は、とにかく安ければいい、という風潮もありましたが、今では、少し割高ではあっても「健康に良いもの」や「本物」を使いたいという人たちが徐々に増えてきております。住宅においても有機化合物が多量に含まれている加工製品(ベニヤ板や壁紙等)ではなく、天然素材の、ムクの木材が求められるようになりました。

特に内装材として使用する材料においては、その場所が常日頃生活する空間であり、特にこどもたちやお年寄りがその影響を強く受ける要因でもあります。 現在、問題となっているアレルギー疾患や目がチカチカしたり、頭痛・吐き気なども内装材に含まれている科学物質「ホルムアルデヒド」が原因のひとつだといわれています。

こどもの写真

また、最近の住宅は、気密性が非常によくなっており快適な生活を過ごすことができます。しかし、同時にそのことは、人体に有害な細菌が繁殖しやすい環境でもあるのです。特に直接、肌が触れる床や壁などから有害な細菌(大腸菌・黄色ブドウ球菌等)に感染する場合があります。 高温・多湿の日本では、湿気を吸い取り、また、放出してくれる湿度調節機能を備えた木造住宅が最適です。

NITTOでは、創業時よりヒノキ、スギ等ムクの天然素材を使用し、安全で安心できる床材や壁材を生産しております。 さらに、当社の全製品はノンホルマリン対応で、よりいっそう健康で快適な生活をお過ごしいただけます。





日東の商品はすべてノンホルマリン(F☆☆☆☆)の製品です。


ノンホルマリン シックハウス症候群の原因となる化学物質は揮発性有機化合物(VOC)と総称され、さまざまな種類があります。その中でも重要な原因物質とされるのがホルムアルデヒドです。ホルムアルデヒドは無色で刺激性のある可燃性の気体で、各種建材の塗料や接着剤などに広く使用されています。
建築基準法の改正では、このシックハウス対策として、ホルムアルデヒド発散建材の内装仕上材としての使用面積制限が下記のとおり定められています。

新JAS
表記記号 基準値 居室内
使用制限
平均値 最大値
F☆☆☆☆ 0.3mg/L 0.4mg/L 無制限
F☆☆☆ 0.5mg/L 0.7mg/L 使用制限あり
F☆☆ 1.5mg/L 2.1mg/L 使用制限あり
F☆ 5.0mg/L 7.0mg/L 使用不可







▲ このページの先頭へ