フローリング お手入れ方法


日頃のお手入れ

1) 日常のお手入れは、掃除機をかけるか、通常は乾いた布でカラ拭きして下さい。 水拭きは、出来るだけ避けて下さい。(行う場合は雑巾をきつく絞って下さい。)

2) 水拭きを行うと長期の間に表面材に割れが発生する場合があります。

3) 水をこぼした場合は、直ちに拭きとって下さい。そのまま放置しますとフローリングの反りが発生することがありますのでご注意ください。

4) 特に汚れのひどい所は、薄めた中性洗剤をつけた布で拭いて下さい。また、汚れを落とした後は水を含ませ、きつく絞ったきれいな雑巾で拭き取って下さい。

5)床面にキズを付けると、キズの部分から汚れが染み込み見苦しくなりますので、なるべくキズを付けないよう心がけて下さい。(椅子など移動する物は、なるべく持ち上げて移動するようにして下さい。)

6)本製品は天然木の素材を使用した無垢フローリングです。天然木は水分を吸収、発散致します。乾期に収縮、梅雨時期に膨張しますので保温性、調湿性が有り一年を通し、快適に過ごせます。


ワックスがけについて

ワックスは施工後、しばらくの間、かける必要はありません。フローリングが光沢を失なったり、スリキズなどが生じた時にワックスをかけてください。そのときは、きちんと汚れを落としてからワックスをかけていただきますようお願いします。汚れを落とさずワックスがけを行いますと、フローリングにシミが残ることがあります。
ご利用ワックスは、木質フローリング用の樹脂系ワックスが最適です。また、ワックスをかける際は、必ずご利用ワックスの説明書をよくお読みになり、ご利用いただきますようお願いいたします。


施工上の注意

 無垢フローリング施工注意書

 無垢壁板施工注意書

 無垢床暖用フローリング施工注意書

 無垢直貼りフローリング施工注意書

◆さらに詳しいお手入れ方法は、床材情報研究所でご覧いただけます。
 


日東の製品は、全てノンホルマリン対応です。